メロン農家除草剤事件の動機は嫉妬では?感情抑止できない犯罪者は死刑にすべき。

北海道のメロン農家が除草剤を撒かれメロンハウス6棟が全滅する事件が発生。

非常に話題になっているニュースですが、北海道のメロン農家にて、嫌がらせで除草剤を撒かれ約6600玉のメロンが枯れてしまうという卑劣な事件が発生したようです。

農家の人は「生き地獄」「メロン農家なんてイヤになりました」と辛い心境をブログで語っているようです。非常に悪質な事件ですので、怒り・落胆するのも仕方ないでしょう。

除草剤が撒かれる以前にも温度管理の危機のトラブルや、大量の水が撒かれるトラブルが発生していたようです。完全に農業の知識がある人間による計画的かつ大規模な犯罪行為と推察されます。

陰口、見張り、陰湿な団結など、日本の田舎にはクズが多いですからね。規模の違いはあれ、このような幼稚な嫌がらせは多発しているのでしょう。



近所の農家や同業者、社内の人間、近場の人間による「嫉妬」あるいは「恨み」が動機では?卑劣な犯罪者の背景にあるのは幼稚な妬み僻み。

メロンを盗んで売るなどであれば、犯人にとって金銭的メリットがありますが、除草剤を撒いてメロンを枯らさなければならない論理的必要性はありません。

おそらく、近所の農家や同業者、社内の人間、近場の人間による「嫉妬」が動機では?単独犯ではない可能性もありそうです。スタッフ、あるいは、近所の農家が結束して犯行に及んだ可能性もありそうです。

真偽はわかりませんので、続報が気になるところです。



今回被害を受けた農家の人は以下のようなプロフィールのようです。

米農家をやめてメロン農家に転向し、1代で畑を大きくして、年商1億の大儲け。

農協をやめて村八分になったが、独自のネット販路などを切り開き成功。

自分の成功談を書籍出版・メディア露出。

「攻めのIT経営中小企業百選」の選定企業。


よくネットで叩かれているイケダハヤト氏なども同様ですが、成功し、露出した人間に限って嫉妬の闇にさらされることが多いように思います。

こういう成功者を批判したり嫌がらせをする「犯罪者」は、大概根底にあるのは嫉妬などのくだらない感情論です。自身は能力が低く社会で自己実現できておらず、さらに人間性に問題がある欠陥品なので、このような卑劣な犯罪行為を平気で行うことができるのでしょう。

無能すぎて嫉妬するくらいしかできることがないんじゃないの?。惨めだね。



「嫉妬」を起因とした犯罪者に更生の余地はない。法を改正し、犯罪の重さに関わらず死刑にすべきである。

こちらの記事で書きましたが、本当に正しい人間であれば、嫉妬や妬みなどの感情論を起因として、他人を批判したり嫌がらせしたりしません。自分自身が切磋琢磨する活力とし、相乗効果的に上を目指し続ける正しい「ライバル関係」になります。

一方、感情に対して前向きな対応が出来ずに、嫉妬心から他人の足を引っ張ろうとしたり他人を批判をしたりするのは「正しくない人間」=「社会に不要な欠陥品」だからです。



このような「嫉妬」を起因とした犯罪者に更生の余地はありません。どうせ社会で自己実現出来ていないクズでしょうから、また同じように嫉妬心を駆り立てられる状況になると、自分を制御できない可能性が高いです。なぜなら、彼らは感情をコントロールできない欠陥品であり、到底人間の知性には及ばない「人間の皮を被っている害獣」にすぎないからです。

このような害獣を生かしておいても、社会の足をひっぱり全体の公益性を損なうだけですので、駆除が必要です。ただちに法令を改正し、嫉妬などの感情をコントロールできなかったことに起因した犯罪の全てにおいて、「死刑」「終身刑」などの重罰を加えるべきであると思います。





コメントの投稿は「コメント欄の運用ルール」を熟読・理解いただいた上、ルールを遵守してください。ルール違反は承認いたしません。特に心象に引きずられているコメントや論理構成が誤っているコメントが目立ちます。

このように注記しても書き込んでくる知性の低い人間が少なからずいるんですよね。あなた、本記事の批判対象のクラスターに属する人間ですよね?そして、この記事を読んで感情的になってるんじゃないの?その感情のまま勢いでコメントを書こうとしていますよね?感情論は一切ないと断言できますか?髪の毛一本ほどもないと断言できますか?


この記事へのコメント