気持ち悪いネット民がイラついてくれるおかけで今日もブログは盛況です。

img001.png

ネットで日常の不満や承認欲求を解消しているクズは知能が低いので煽られるとすぐにイラつく。ネット民は簡単に煽動できる。


当サイトは劇的にアクセス数を増やしており、低更新頻度・画像なし・総記事数は執筆時点で40記事と非常に少ないにも関わらず、seesaaブログのランキングでも常に上位を維持しています。
WS000000.JPG


これはSEO効果により検索エンジンから多くの読者が流入しているためです。

以下記事で記載していますが、当サイトで意図的に読者を煽るライティング術をする理由がここにあります。




簡単に言うと、挑発的なタイトルで客を引き、威圧的で煽る文言で記事を読みこませることで滞在時間を増やし、Google検索の評価を上げて検索順位を上昇させるということです。検索順位が上がれば、放置していても検索エンジンから読者が流入するため、当サイトの目的である啓蒙活動を効率的に進めることができるということです。

本年はより狙ってアクセスを集められるように記事リライトを進めていきたいと考えています。


そして滑稽なのは当サイトの記事を読んでイラつく気持ち悪いネット民ですね。勝手に来て勝手に感情的になり「あなたがブログでクズを叩くのも根底にあるのは感情論ですよ」等の全く見当違い的外れのクソリプを投げてくる。そして、この馬鹿なネット民の行動自体がこのサイトの集客手法の本質であり、まさに狙い通りの結果と言えます

こういうマヌケなネット民は、物事を俯瞰的・論理的な目線で客観視できないので、自身の感情が集客のために利用されていることに気が付いていないんでしょう

あなたがイラついてサイトの滞在時間を増やすほど、検索順位が上がりサイトの訪問者が増え、当サイトの啓蒙活動が実を結ぶことになるわけです。


「目的をバラしてしまって大丈夫なのか?」と思う人もいるかもしれませんが全く問題ありません。

例え集客が目的と分かっていても、頭の悪い馬鹿どもはコンプレックスに触れられ罵られれば感情的になってしまうんですよ。IQの低い欠陥品は野生動物と変わらないレベルの知性ですからね


前回記事で書いたとおり私は一切の感情を持たず、この愚かな養分たちの行動や感情を客観的に観察・データ分析し、「さらにサイトのアクセスを増やすために、どうすれば読者の感情をもっと煽れるか?」だけを考えて淡々と論理的に記事を書いているだけです。

私は心理学を勉強しておりますが、すぐに感情的になる頭の悪いネット民をコントロールして煽動するのは簡単です。彼らが抱えているであろう闇やコンプレックス・劣等感を刺激しつつ、挑発的な言葉で煽れば馬鹿はすぐに頭に血を登らせますからね。私に唯一の感情があるとするならば「愉悦」でしょうね。記事を書きながら、パソコンやスマホの向こう側で顔を真っ赤にしてるクズ共の様子を想像するだけで笑いが込み上げてきます。



運営者の目標は、インターネットというチャネルを介し、ネット民の感情・同調行動・記述的規範を利用することで実現する「集団洗脳」である

当サイトは日本の民度向上を目的とした地道な啓蒙活動を行っていますが、これを効率的に進めるためには効率的な集客が必要なことは言うまでもありません。

「言葉が汚い」とか「もう少し侮辱する表現を避けるべきだ」といったコメントが来ることもありますが、このようなコメントをする人間は集客を全く理解していません。啓蒙活動するにあたり優しく諭すような文章で啓蒙することももちろん可能です(実際にそのようなサイトも別に運営しています)。ですが、それではアクセスが集まらないんです。

頭が悪くモラルもないクズは自分に甘いですから、優しく諭しても改善しないんです。文章を読みすらしない。逆に徹底的にこのクラスタを攻撃する(自分のポジションが攻撃されていると認知させる)ことで初めて文章に目を向ける。馬鹿は痛い目を見ないと学習しないですからね


また、検索順位を上げることで同調行動・記述的規範をコントロールすることも不可能ではなくなります

頭の悪い群衆は、客観的・俯瞰的な視野に欠けていて認知バイアスや感情に流されたり、周りに同調するなどの記述的規範を行動に取り込む習性があります(当サイトでよく事例に挙げる魔女狩りなどが典型例)。つまり「検索上位にある情報」=「正しいこと」「一般的なこと」「みんなが感じていること」と誤認するということです。この特性を利用してネットを介して集団心理を洗脳することも夢物語ではありません

政治家は言葉を操り群衆の心理を利用して支持を勝ち取りますが、現代では個人でもインターネットを使って同様のことができますので、これを活用しない手はありません。




上記記事のように、当サイトはクズ・社会不適合者を叩き続けます。記事を読んで例えクズが改心しなかったとしても、「クズは許すまじ」という認知を社会・集団心理に刷り込ませることができれば、「クズが生きにくい世の中」に一歩近づくというわけです。正しい社会にするために必ずしもクズに改心してもらう必要はないということです


私は当然、このサイト以外にも複数サイトを別人格で運営しております。現在はSNS攻略や心理的暗示効果(サブリミナル効果)を持つYoutube動画配信などの準備も進めています。

頭の悪いクズはネットの匿名性を利用して不平不満を吐きますが、この特性は逆に利用できるということです。同一人物が複数ブログ・SNSを別人格で多数運営したり、自動化ボットやスクリプトプラグラムを用いて拡散させることで、あたかもマジョリティの意見のように誤認させることが可能ですからね

以下が良い例です。バカな群集ほどネットの言葉から簡単にバイアスにかかるという証明でしょう。





私は「合理的社会正義」という壮大な夢のために、啓蒙活動を行い社会を正しい道に導くために手段を選ばないということです。



社会派ブロガーの方へ。感情で動くクズを「消費」して養分にする集客スタイルのススメ。

社会を改善する活動をしている社会派ブロガーの方には、上述のような「感情で動くクズを消費して養分にする集客スタイル」を真似していただきたいです。

どうせ社会に不要な欠陥品のクズですから、あなたのブログのアクセスアップのために消費してしまいましょう


現実的には複数人格を演じても、私一人で社会を啓蒙しようとしても限界があります。ですが多くの仲間が同じ目的を持って行動し、検索エンジンやSNSや動画配信を制圧していくことで、集団心理を刷り込み・コントロールすることがより現実的な目標となっていきます。是非、正しい社会の実現のために皆様のご協力をいただきたいです。

ネット民の特徴は以下記事に書いていますのでブログ運営の参考にしてください。




当記事は、今後、社会派ブログのリンク集とし随時更新していきたいと思います

社会派ブロガーの方の応援活動の一環として、高品質記事を書くブログをこちらからリンクを貼らせていただき、SEO的に有利になる被リンクを送らせていただきます(リンクバックは不要)。もちろん自己申告も可能ですのでブログURLを意気込みとともにコメント欄より連絡ください(クズを批判している社会派ブログ/独自ドメインに限る。記事内容・主張内容が当ブログの内容と合わない場合は非承認とさせていただきます)。



社会派ブログリンク集。







記事登録日:2019年01月18日 記事更新日:2019年01月18日





当記事は被リンク申請以外のコメントは投稿禁止です。漏れなく自動削除となりますのでご注意ください。








この記事へのコメント