なぜ世の中はおかしいのか?理不尽なのか?恣意的進化のみが唯一の解決策である。

理不尽なことばかりな世の中なのは、アナタが悪いからですよ?巨悪の根源は人間の"悪感情"と"エゴ"。

突然ですが、なぜ戦争は起こるのでしょうか?なぜ人間は3000年以上も争いを繰り返しているのですか?。それは、戦争をすることで「得をする」人間がいるからです。つまり根底にあるのは「得をしたい・利益を得たい」という「人間のエゴ」です。

一方で、敵国からミサイルを落とされたら反撃するのはなぜでしょうか?それは、報復という幼稚な感情論や家族を殺された憎しみ恨みなどの「人間の悪感情」です。


人間の社会に根付いている非合理的なプロセスのほとんどは、このような一部の人間のエゴや憎しみ・怒り・恨み・嫉妬などの人間の悪感情を根源としているものがほとんどです。

「世の中おかしい」「世の中理不尽だ」などと嘆いているクズが多いですが、この嘆き自体が、根底に「成功者への嫉妬」や「国政・社会への怒り」などの悪感情やエゴを含んでいる。つまり、「世の中おかしい」「世の中理不尽だ」と嘆く馬鹿がいるから、世の中が悪くなるという矛盾に陥っているんです。



エゴ・悪感情を持つ社会のクズを完全淘汰することで、ホモサピエンスが持つ本来の社会性が発揮され、正しい世の中となる。

人間とは何か。それは他者と協力することに特化して進化した動物です。

現存する様々な動物はそれぞれの個性を先鋭特化し自然界で生き残ってきました。その中で、強靭な爪・キバもない人間が自然界で生き残るために特化してきたのは「知能」であり「社会性」です

人間の社会性を決定づけているのは奉仕行動・互助活動・帰属意識。見返りを求めず全体利益に追求する奉仕活動を行うことができることが、他の哺乳類との決定的な差となります。


しかし、人類の進化は未だに完全ではなく進化前の特性を残しているためか、エゴ・悪感情に囚われた知能の低い野生動物が人間の中に紛れています。平気で自分勝手な行動をとるエゴイストや「これからは個人の時代である」とバカなことを言っているマヌケの存在です。

これらの発言・行動は「圧倒的な間違い」であることが容易にわかります。なぜなら人類の進化の過程と矛盾しているからです。もし、人間が個人や利己を優先する生物への進化の道を辿っているならば、強靭な爪・キバ等を持っていなければ理屈的におかしいですね?。なぜ、持ってないんですか?


世の中が悪くなってしまう根源的理由は、人間の中に紛れている欠陥品が自分勝手な行動で社会性の輪を乱すためです。

世の中を本当に正しくするためには、このような到底人類とは呼べない欠陥品・劣化品を排除し、正しい人間のみの社会とすることです。さらに人類の持つ「知能」「社会性」をより高度に先鋭特化し、次段階への生物的進化を実現することが望ましいと思われます。

「知能」「社会性」をより高度に先鋭特化した「真人間」とは、各個体が感情論やエゴイズムを完全放棄し、高度な合理思考と個体特化技能を公益性・全体利益の追及のみに100%発揮することで、生態系全体あるいは地球規模で最大効率を発揮することが可能な生物と定義付けます。



対策Ⅰ(長期視点):ホモサピエンスの次段階への生物的進化の手段として、科学技術による恣意的進化も考慮にいれるべき。

人類が猿人から分離してから600万年。人類はそれほど大きな進化を遂げていないと思います。地球上にはまだ資源が多く、「知能」「社会性」が不十分であっても、充分に繁栄することができたためではないかと予想されます。

しかし、現代ではどんどん人間が増え続けており限界が近づいています。これらの問題をスピーディに解決するためには人間の科学技術による恣意的進化も考慮にいれるべきだと思います。

現状ではまだSFのような話になっていますが、昨今の科学技術の進歩を鑑みると、近い将来には以下のようなことも可能になるのではないかと思います。このようなテクノロジーを利用し、遺伝子レベル・存在レベルで人間の感情論やエゴイズムを完全排除し、より合理的な正しい生物に進化することが肝要です

遺伝子操作による人類の進化

脳髄を人工知能に置き換えるなどの機械的進化


このように書くと嫌悪感を示す人がいますが、人類がより正しい人間になるために手段を選ぶべきではないと私は思います。仮に遺伝子的に人間と呼べなくても躯体がタンパク質でなかったとしても、「知能」「社会性」という人類の最大の特徴を先鋭特化しているのであれば、それは充分に「人間」「真人間」と呼べるでしょう。



対策Ⅱ(短期視点):憲法・法律の改正や啓蒙活動を実施することで、社会から欠陥品を排除し、社会の洗浄を行う。

人間を正しい真人間とするための対策として、短期的な目線でまず考えられることは、憲法・法律の改正です。つまり、社会の公益性に貢献していない、悪感情・エゴ・我欲に囚われた人間を一切許さないという社会を構築することです。

人類の進化は短期間でできるものではありません。我々の世代が今すべきことは、将来の正しい進化と10万年後の人類の公益性を考慮して下準備を進めることです。そのために社会と遺伝子の洗浄を行うことが肝要です。


例えば、いま日本人がすべきことはなんでしょうか?。

私は憲法を改正し人権を認めるべき「人間」の定義を明確化することだと思います。つまり、本ブログで述べるような正しい行動を取れないクズを人間とは認めないということです。当たり前の話ですが、人間の知能に満たない”動物”は人間の社会に必要ありません。

人類の正しい進化には「正しくない人間」の淘汰が必要です。「正しくない人間」が住みにくい環境を作り「正しくない人間」を一切許さないという風潮・社会を作ることが肝要です




この記事へのコメント


この記事へのトラックバック